欧州の共有オフィス面積、年間30%拡大も

欧州でコワーキングスペース(共有オフィス)の人気が高まっている。向こう5年間の賃貸面積の年間伸び率は、最大30%に達する見通しだ。米不動産サービス大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)の調査を元に、BBC電子版が7日伝えた。 それによると、ロンドンで今年に入…

関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

英下院、内閣不信任案を否決 メイ首相は他党に協議呼び掛け(01/17)

欧州委、EU補助金使途巡りチェコ社を調査(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

独情報機関、極右政党AfDの監視強化へ(01/17)

インフレ率、12月は2.1%に減速(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

インフレ率、12月は1.7%に減速=改定値(01/17)

欧州司法裁「TNTの買収却下は不当」(01/17)

EUの鉄鋼保護措置、台湾にも影響=経済部(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン