欧州の共有オフィス面積、年間30%拡大も

欧州でコワーキングスペース(共有オフィス)の人気が高まっている。向こう5年間の賃貸面積の年間伸び率は、最大30%に達する見通しだ。米不動産サービス大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)の調査を元に、BBC電子版が7日伝えた。 それによると、ロンドンで今年に入…

関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ユーロスター、4月までの利用自粛呼び掛け(03/22)

蘭州議会選、ポピュリスト政党が躍進(03/22)

スペイン製造業受注、1月は0.9%増加(03/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線>2月 NIGEL’S INSIGHT(03/22)

EU、英国の離脱延期で合意 協定可決条件に5月22日まで(03/22)

VW、ノースボルトと欧州電池連合を設立へ(03/22)

欧州人民党、ハンガリー与党の参加資格停止(03/22)

トヨタ、英工場でスズキの新型車生産(03/22)

港湾運営ピール・ポーツ、リバプールで増員(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン