• 印刷する

ドイツポスト、77%減益 郵便部門の再編コスト響く

独郵便・物流大手ドイツポストDHLは6日、第3四半期(7~9月)の純利益が1億4,600万ユーロとなり、前年同期比77.2%減少したと発表した。増収は確保したものの、郵便・eコマース・小包部門の再編に絡むコストが響いた。

売上高は1.4%増の148億4,900万ユーロ。全体の3割を占める郵便・eコマース・小包部門は、43億2,900万ユーロと0.6%増加した。国際宅配便を扱うエクスプレス部門は7.2%伸び、貨物の国際輸送を手掛けるグローバル・フォワーディング・フリート部門は4.2%増えている。一方、サプライチェーン部門は6.4%減少した。

グループのEBIT(利払い・税引き前利益)は54.9%減の3億7,600万ユーロ。EBITベースの利益率は2.5%と、1年前から3.2ポイント下落した。

ドイツポストDHLは今回、通年のEBITが約32億ユーロとなり、2020年には50億ユーロを超えるとの従来予想を据え置いた。

なお同社は9月、郵便・eコマース・小包部門を国内と国外の事業に2分割する計画を発表。国内の郵便・小包事業のほか、成長が見込まれる電子商取引(eコマース)事業に注力するためで、新体制は2019年1月に始動する。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米、輸入車を「脅威」認定か メルケル首相は強く反発(02/19)

ポーランド首相、イスラエル訪問を取りやめ(02/19)

独経済、上半期は低迷が続く=連銀月報(02/19)

五つ星運動など5党、欧州議会選で新会派(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

ニコン、露光装置の特許訴訟巡り最終契約(02/19)

独当局、ワイヤーカード株の空売り禁止(02/19)

第2党SPD、支持率が19%に上昇(02/19)

オペル、新型「コルサ」に最新ライト搭載(02/19)

ポルシェ、ブレグジット絡み英で値上げも(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン