• 印刷する

エアバス、3倍超に増益 「A350」納入増え=第3四半期

欧州航空・防衛最大手エアバスは10月31日、第3四半期(7~9月)の純利益が9億5,700万ユーロとなり、前年同期の3億700万ユーロから3倍以上に拡大したと発表した。中型ワイドボディー機「A350」の納入が増え貢献した。ただ、通期財務目標の達成に必要な年間800機の納入目標を達成するのは、困難になりつつあるとしている。

売上高は20%増の154億5,100万ユーロ。うち民間機部門は27%増と力強く伸びた。ヘリコプター部門は8%減少したが、防衛・宇宙部門は11%増加している。グループのEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は15億7,600万ユーロと、1年前の6億5,500万ユーロから2倍以上に伸び、市場予想を上回っている。

9月末時点の民間機の純受注機数(キャンセル分除く)は256機と、1年前の271機から5.5%減少。受注残機数は7,383機と、10.3%増えている。

1~9月期の民間機の引き渡し機数は503機で1年前から10.8%増えた。生産が滞っていた中距離向け旅客機「A320neo」については、エンジンの納入遅延の解消に伴い1年前の90機を大幅に上回る222機を納入している。

同社は通年について、800機を納入する目標を据え置いたものの、上半期(1~6月)のエンジン納入遅延や内部での生産上の問題により、達成はさらに困難になっているとした。特別損益を除くEBITの見通しは、50億ユーロに維持している。


関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

エールフランスKLM、9億ユーロ増資へ(04/14)

サノフィ、シンガポールにワクチン工場建設(04/14)

仏トタルと独シーメンス、低炭素化で技術提携(04/14)

ヴェオリアとスエズ、合併で基本合意(04/13)

仏下院、短距離国内線の禁止法案を可決(04/13)

エアバス、3月は機体納入数が大幅増(04/13)

トタル、アフリカで石油パイプライン敷設へ(04/13)

マクロン大統領、エリート養成校を廃止へ(04/12)

仏製造業生産、2月は4.6%減少(04/12)

FMロジスティック、インドで倉庫整備へ(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン