金融UBS、仏顧客の脱税ほう助で公判開始

スイスの金融大手UBSがフランスで顧客の脱税を手助けした容疑を巡る訴訟の公判が、8日にパリで始まった。当局は脱税ほう助の金額は97億6,000万ユーロを超えるとみており、有罪となれば最大でその半分に当たる約49億ユーロの罰金が科せられる。ロイター通信が報じた。 裁判では…

関連国・地域: ドイツフランススイス米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、労組と賃金協定を妥結(10/23)

EU、仏の自家消費向け再生エネ補助を承認(10/23)

トタル、印で地場アダニと燃料小売りで提携(10/23)

独陸運局、オペルに7万台の回収命令(10/23)

保険アクサ、豪でホテル4棟を買収へ(10/23)

アウディ、初の電化型SUVの納入が遅延(10/23)

小売りカジノ、第3四半期は5.4%増収(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

バンシなど、パリの新鉄道網計画向けに受注(10/22)

レミーコアントロー、第2四半期は9%増収(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン