• 印刷する

シュローダー、ロイズと協議 ウェルスマネジメント事業で提携

英資産運用会社シュローダー(Schroders)と英金融大手ロイズ・バンキング・グループは7日、富裕層向けの資産運用を行うウェルスマネジメント事業の提携に向け、協議を進めていると明らかにした。ただ、現段階では提携が実現するかは不透明で、適切な時期に次の発表を行うとしている。

今回の発表はスカイニュースの報道を受けたもので、それによると、両社は新たに合弁を設立してウェルスマネジメント事業を統合する計画という。新会社にはロイズが50.1%、シュローダーが49.9%をそれぞれ出資する方針だ。ウェルスマネジメント事業はシュローダーが戦略的に注力する分野で、昨年の純利益は2億7,330万ポンドだった。

また、スカイニュースはウェルスマネジメント事業のほかにも2件の提携が検討されていると報じている。うち1件は、シュローダーがロイズ傘下の生保事業スコティッシュ・ウィドウズ・ライフ・インシュアランスと締結する1,090億ポンド規模の投資運用契約で、これはスコティッシュ・ウィドウズが英資産運用会社スタンダード・ライフ・アバディーン(SLA)との契約を打ち切るのに伴うもの。残りの1件は、シュローダー傘下の資産運用会社カゼノブ(Cazenove)・キャピタルとの取引という。[M&A]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、グリーン投資サミット開催 排出量ゼロ化へ計97億ポンド確保(10/20)

英政府、EV補助含む排出ゼロ戦略を発表(10/20)

英政府、家庭暖房の低炭素化に4.5億ポンド(10/20)

デルタ株の進化系、感染力はデルタ以上か(10/20)

英当局、ヒースロー使用料引き上げ案を提示(10/20)

クラーナ、英国で即時の全額決済を追加(10/20)

ウェールズ、独立検討の憲法委員会を新設(10/20)

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

英でEV部品生産に投資 フォード、販売目標達成に前進(10/19)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン