• 印刷する

VAT改革に向けた2案承認 欧州議会、簡素化や不正対策

欧州議会(定数751)は3日、欧州連合(EU)のVAT(付加価値税)改革に向けた2案を承認した。VATシステムの簡素化やVAT絡みの不正対策が狙い。VAT制度の大幅な見直しは約四半世紀ぶりとなる。

欧州議会は今回、単一市場で特に中小企業(SME)を対象に取引を促進し、国境を超えた取引を巡るVAT不正をなくすための対策案を536対19の賛成多数で可決。また、VAT税率のより明確なシステムの確立については、やはり536人が賛成票を投じた。

議会は一方で、VATの税率に25%の上限を設定することを求めたほか、紛争解決メカニズムや各国のVAT規制の変更を自動的に周知させるシステム、EU全域のVAT税率に関する正しい情報を得られる情報ポータルの構築を提案した。これらの提案を含めたVAT改革案は理事会で審議される。

欧州委によると、国境を越えた取引のVAT不正による徴税漏れは、域内全体で年間500億ユーロに上る。また同委は9月、VATの予想税収額と実際の税収額の差を表す「VATギャップ」が2016年にEU全体で1,471億4,600万ユーロに上ったと発表。システムの簡素化により、VATギャップの大幅縮小が期待されている。

欧州委は2016年4月、EUのVAT改革に向けた行動計画を発表。昨年10月には抜本的改革案を明らかにしていた。

■電子書籍にも軽減税率導入へ

EUの財務相会合は2日、書籍への軽減税率を電子書籍にも拡大することで合意した。現在は最低15%の標準税率が適用されているが、今回の決定により、各国の裁量で最低ゼロ%の軽減税率の導入が認められることになる。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、党内の信任獲得 次期総選挙前に退任の意向示す(12/13)

ジェムアルト買収に青信号 欧州委、タレスの事業放出条件に(12/13)

欧州議会、日EU経済連携協定を承認(12/13)

シーメンスとアルストム、欧州委に譲歩案(12/13)

英ボーダフォン、資産取得巡り欧州委が調査(12/13)

みずほ証券、フランクフルトで認可取得(12/13)

ユーロ圏鉱工業生産、10月は0.2%増加(12/13)

欧州司法裁「ECBの証券買い入れは正当」(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

東欧2カ国のシェンゲン協定加盟に青信号(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン