仏電力公社、原発新設に道筋 ユロ環境相辞任で可能性高まる

フランスのユロ環境相が辞任したことを受け、フランス電力公社(EDF)が既存原発の稼働期間を延長するだけでなく、国内で新規原発を建設する可能性も高まっている。ユロ氏は就任前から反原発で知られ、原子力産業は同氏を原発存続の最大の障害と見なしていた。マクロン大統領は…

関連国・地域: フランス
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

中国、仏豪伊産のワイン輸入が減少(01/21)

高速料金、月10回以上の利用で割引=仏(01/21)

ゴーンCEOの交代要請 仏政府、ルノーの安定化求め(01/18)

日立、英原発建設計画を凍結 今期に3000億円の損失計上(01/18)

エアバス、米国で「A220」の新工場が着工(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英プレミア・フーズ、CFOが暫定CEOへ(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン