• 印刷する

アストンマーティンが上場へ 時価総額は最大50億ポンドも

英高級車メーカーのアストンマーティンは、ロンドン証券取引所に上場する計画を明らかにした。少なくとも25%の株式を放出する。時価総額は最大50億ポンドに達すると見込まれている。BBC電子版などが29日伝えた。

同社は新規株式公開(IPO)に向けて既に英金融行為規制機構(FCA)に登録文書を提出しているという。目論見書の公表は9月20日ごろの予定。IPOでは、主要株主である伊投資会社インベスティンダストリアル(Investindustrial)とクウェートの投資家グループが一部株式を手放す。

同社は2014年に就任したアンディ・パーマー社長兼最高経営責任者(CEO)の下で事業の立て直しを進め、2017年12月通期は8年ぶりに黒字に復帰。IPOはこうした再建戦略の中で重要な節目となる。

同社が併せて発表した今年上半期(1~6月)の税引き前利益は4,200万ポンド、売上高は前年同期比8%増の4億4,500万ポンドだった。今年の販売台数は6,200~6,400台と、昨年を1,000台余り上回る見通しで、2020年にはほぼ1万台を目指している。

なおパーマー社長兼CEOは英国の欧州連合(EU)離脱について、「高級車メーカーの利点として、こうした変化にはあまり影響を受けない」と指摘。ただしドイツ製のエンジンを含めてEU内から部品を輸入しているため、合意のないままの離脱となれば部品の調達が滞る可能性があり、これに備えて既に在庫を積み増しているという。[EU規制] 


関連国・地域: 英国ドイツEUイタリア中東
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英国の鉄鋼業界に再び暗雲 B・スチールが経営破綻の危機(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

人気シェフのオリバー氏、飲食店が経営破綻(05/22)

高級車JLR、通期は過去最大の赤字(05/22)

テスコ・バンク、住宅ローン市場から撤退(05/22)

WHスミス、クラークCEOが10月末で退任(05/22)

プラチナのロンミン、南アで4100人整理へ(05/22)

シェル、エジプトでEV充電設備を設置へ(05/22)

金融グリーンシル、豪市場で資金調達へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン