エクイノール、油田の推定埋蔵量を引き上げ

石油・ガスでノルウェー最大手のエクイノール(旧スタットオイル)は27日、ヨハン・スベルドラップ(Johan Sverdrup)油田の第2期開発計画を石油・エネルギー省に提出したと発表した。同油田の推定埋蔵量を22億~32億バレルとし、従来予想の21億~31億バレルから引き上げている。…

関連国・地域: フランススウェーデンノルウェー
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

石油OMV、チュニジア上流事業を売却(11/08)

格安航空3社の輸送実績、10月も軒並み好調(11/07)

アルテルコ、通信子会社5社をリンクに売却(10/31)

石油エクイノール、第3四半期は利益倍増(10/30)

露とノルウェー、バレンツ海の資源情報交換(10/29)

ノルスク・ヒドロ、第3四半期は58%減益(10/25)

PGNiG、エクイノールのガス田権益取得(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン