製薬メルク、第2四半期は41.4%減益

独製薬・化学大手メルクは9日、第2四半期(4~6月)の純利益が2億5,100万ユーロとなり、前年比41.4%減少したと発表した。ディスプレイ用液晶の売り上げが低迷したほか、ユーロ高が逆風となった。 売上高は継続事業・恒常為替レートベースで5.2%増の37億1,400万ユーロ。部門…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 電機医療・医薬品化学金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ゼレンスキー大統領、メルケル独首相と会談(06/20)

独政府、EV電池製造補助へ 資金援助先の3企業連合選出か(06/20)

塩野義、西同業と便秘症治療薬の販売契約(06/20)

EU8カ国、2030年までに石炭火力脱却へ(06/20)

欧州委、独のディーゼル車改良補助を承認(06/20)

アウディ、ロシアで1325台をリコール(06/20)

北マケドニアのEU加盟交渉、決定先送り(06/20)

シーメンス、ガス・電力部門で2700人整理(06/20)

生産者物価、5月は1.9%上昇(06/20)

韓国・セルトリオン、欧でバイオ後発品販売(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン