<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第5回 景気拡大続くも、対米摩擦と無秩序離脱のリスク懸念

ユーロ圏経済の先行きについて慎重な見方が増えている。 2018年第2四半期(4~6月)国内総生産(GDP)成長率は、前期比0.3%と第1四半期(1~3月)の0.4%を下回った。0.6%~0.7%のペースを保っていた2017年に比べて、明らかに拡大の勢いは鈍っている。(ニッセイ基礎…

関連国・地域: 英国ドイツEU米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スイスと英国、航空運輸協定を締結(12/19)

新車のCO2排出量で合意 EU、2030年までに3割超削減(12/19)

フランス、デジタル課税を来年1月に導入(12/19)

ユーロ圏、共通予算の創設で合意(12/19)

離脱協定巡る下院投票、1月第3週に=首相(12/19)

連邦政府の財政黒字、100億ユーロ超えへ(12/19)

塩野義、「ムルプレタ」などが承認勧告(12/19)

ポーランド、退職させた最高裁判事を復職(12/19)

ドイツ銀、離脱に備え清算業務の移管テスト(12/19)

高級車ジャガー、英国で5千人整理も(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン