• 印刷する

石油BP、4倍に増益 原油価格の回復が追い風に

英石油メジャーのBPは7月31日、第2四半期(4~6月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別損益除く)が28億2,200万ドルとなり、前年同期の6億8,400万ドルから4倍に増加したと発表した。2010年のメキシコ湾での原油流出事故を巡る支払いは続いているものの、原油価格の回復が追い風となった上、生産量の増加も貢献した。

主力の上流事業のEBIT(利払い・税引き前利益)は35億1,400万ドルと、前年同期から4.5倍弱に拡大。一方、下流事業は8億4,000万ドルと46.4%落ち込んだ。19.75%出資する露国営石油大手ロスネフチはEBITに7億6,600万ドル貢献し、1年前から3倍弱増えている。

石油・ガスの生産量(ロスネフチ除く)は日量246万5,000石油換算バレルと、1年前から1.4%増加。主要プロジェクトの開始による増加分の影響を除くと9.6%の増加だった。

メキシコ湾での原油流出事故に絡む支払いは上半期に24億ドルと、1年前から19億ドル減少。6月末時点の純債務は392億7,700万ドルと、1年前の397億9,400万ドルからやや減少した。

原油流出事故に絡む支払いは終わりに近づいており、先には英豪資本の資源大手BHPビリトンから米国のシェール(頁岩)オイル・ガス資産を105億ドルで取得すると発表。これは、BPにとって過去20年弱で最大規模の取引となる。6月には、電気自動車(EV)充電網で英国最大手のチャージマスター(Chargemaster)の買収を決めており、BPのボブ・ダドリー最高経営責任者(CEO)は「この勢いと財務的強さにより、過去4年近くで初めて配当を引き上げる」としている。

同社は第3四半期について、生産量は第2四半期からほぼ横ばいになると予想。精製マージンについてはやや低下すると見込んでいる。


関連国・地域: 英国ロシアアジア米国中南米
関連業種: 自動車・二輪車電機天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン