• 印刷する

BP、米シェール資産取得 105億ドルの大型取引=BHPから

英石油メジャーのBPは27日、英豪資本の資源大手BHPビリトンから米国のシェール(頁岩)オイル・ガス資産を105億ドルで取得すると発表した。BPにとって過去20年弱で最大規模の取引となる。

取得するのはテキサス州西部のパーミアン(Permian)盆地と同州南部のイーグルフォード、テキサス州東部とルイジアナ州にまたがるヘインズビルの3カ所にある鉱区で、総面積は47万エーカー(1,902平方キロメートル)。生産量は合わせて日量19万石油換算バレル、確認埋蔵量は46億バレルに上る。

BPは現在、米国で日量74万4,000バレルの石油・ガスを生産する。今回の取引が完了し、アラスカ州クパルク油田に持つ権益を年内に米石油大手コノコフィリップスへ譲渡すれば、米国での生産量は88万5,000バレルとなる。また、米国でのシナジー効果は年に3億5,000万ドルとなる見込み。BPのボブ・ダドリー最高経営責任者(CEO)は取引について、「上流戦略の実行における大きな一歩であり、BP特有のポートフォリオに世界有数の資産を加えるもの」と説明している。

BHPは2011年に米国のシェールオイル・ガス田を総額200億ドルで取得したが、その後のエネルギー価格の低迷で苦戦が続き、昨年に売却する方針を決めていた。この資産の売却を巡っては、原油価格の回復を背景に、BPのほか英蘭資本のロイヤル・ダッチ・シェル、米石油大手シェブロンなどが応札していた。[M&A]


関連国・地域: 英国オランダ米国
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン