ベアリングのSKF、第2四半期は26%増益

ベアリング(軸受け)で世界最大手のSKF(スウェーデン)は、第2四半期(4〜6月)の営業利益が29億2,500万クローナ(3億3,000万ドル)となり、前年同期比26.3%増加したと発表した。アジア市場での需要が旺盛だった。 売上高は226億2,000万クローナと、継続事業・恒常為替…

関連国・地域: スウェーデンアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

2026年冬季五輪、伊2都市で開催決定(06/26)

SKF、深溝玉軸受の競争力改善に投資(06/21)

ダイムラー、最新鋭工場に5Gインフラ導入(06/21)

独政府、EV電池製造補助へ 資金援助先の3企業連合選出か(06/20)

スウェドバンク、エストニア事業幹部を停職(06/19)

トラックのボルボ、エヌビディアと技術提携(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

スペイン、独仏の新型戦闘機開発に参画(06/19)

H&M、第2四半期は11%増収(06/18)

スカニア、電動自動運転コンセプト車両公開(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン