• 印刷する

ロシア、米国の一部製品に報復関税

ロシア政府は、米国がロシアからの鉄鋼・アルミニウム輸入に新たな関税を課したことを受け、米国の一部製品に対して25~40%の報復関税を課すことを決めた。対象製品は総額で8,760万ドルに上る。ロシア経済発展省が6日明らかにした。

対象となる品目は道路建設用機械、石油・ガス施設向け機器、金属加工用・岩盤掘削用機器、光ファイバーなど国内で代替品を生産しているもの。ロシアは6月末に国際貿易機関(WTO)に対して、米国の輸入制限について正式に提訴している。

米国の輸入制限によるロシアの損失は5億3,760万ドルと見込まれるが、経済発展省によれば8,760万ドル相当額の報復関税はWTOのルールにより即座に導入できる権利があるという。残りの4億5,000万ドル相当については、WTOが米国の措置に違法との裁定を下した時点か、米国の関税導入から3年後の2021年3月に新たな関税を導入する。

米国の鉄鋼・アルミニウム製品への新関税導入に対しては、既に欧州連合(EU)やトルコなども報復関税による対応に踏み切っている。


関連国・地域: EUトルコロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

ロシアのインフレ率、12月は4.3%に加速(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

ダイヤのアルロサ、ジンバブエで生産再開へ(01/16)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

露国民の53%、メドベージェフ政権に不満(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン