バイエル、米コンセプタスのTOB成功

製薬・化学バイエルは5日、避妊システムを手掛ける米コンセプタス(Conceptus)に対する株式公開買い付け(TOB)が成功したと発表した。バイエルは4月、コンセプタスの全株式を買い取ることで合意。5月末には米連邦取引委員会(FTC)の承認も取り付けていた。

この日午前零時に締め切られたTOBでは、コンセプタスに合わせて96.4%出資する株主が取引に応じた。バイエルの提示額は1株当たり31ドルで、取引総額は11億ドル。買収完了後、コンセプタスはバイエルの子会社に組み込まれる予定。

コンセプタスは、手術を必要としない独自の避妊システム「エシュア(Essure)」を開発。米国などで10年以上にわたり販売している。バイエルは同社の買収により、長期的・短期的な避妊法を提供できるとしている。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・薬品化学・石化金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン