• 印刷する

英EV充電網最大手を買収 石油BP、需要取り込みへ

英石油メジャーのBPは28日、電気自動車(EV)充電網で英国最大手のチャージマスター(Chargemaster)を買収することで合意したと発表した。EV技術やインフラの旺盛な需要を取り込む事業戦略の一環。

チャージマスターは英国全土で6,500カ所以上の充電スタンドを運営し、EV充電インフラのサプライヤーでもある。取得後は社名を「BPチャージマスター」に改称し、わずか10分の充電で160キロメートルの走行を可能にする、150キロワットの超急速充電インフラを市場投入する計画だ。BPは英国で充電ステーション1,200カ所を擁し、向こう12カ月で新ブランドへの切り替えを行う予定。

ブルームバーグによると、今回の取引額は約1億3,000万ポンドで、BPがクリーンエネルギー向け投資に充てる年間予算の5億ドルから支払われる。

チャージマスターは2008年の設立で、充電器の設計、製造、販売、運営を一環して行う。同社が展開する充電設備網「POLAR」は英国で最大規模とされ、約4万人が利用する。同社のデイビット・マーテル最高経営責任者(CEO)は「BPによる当社の買収は、英国の車両排出ガス低減に向けた動きとして、真の意味での一里塚となる」と意義を強調した。

BPは2月に公表した最新の長期エネルギー見通しの中で、世界のEV普及台数は、2040年までに現在の300万台から3億台に増加すると予想。EVが車全体に占める比率は、同年には15%に達するが、EVの多くはライドシェア・サービス用の自動運転車が占めるため、自家用車と比べて頻繁に利用されるとみる。

同社は5月、バッテリー技術を手掛けるイスラエルのストアドット(StoreDot)に2,000万ドルを出資すると発表。1月には移動式のEV急速充電器を手掛ける米フリーワイヤー(FreeWire)・テクノロジーズに500万ドルを投資すると明らかにしていた。[環境ニュース][M&A]


関連国・地域: 英国米国中東
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産運輸IT・通信天然資源サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン都市圏への投資拡大 FDI件数、23年は欧州トップ(07/12)

英新首相、米・ウクライナ大統領と初会談(07/12)

スコットランド最大のEV充電ハブが稼働(07/12)

ヒースロー空港、着陸料引き下げへ=CAA(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

英富裕層、6分の1が国外流出=28年までに(07/12)

防衛技術ヘルシング、4.5億ユーロ調達(07/12)

新政権、投資促進へ基金設立 200億ポンドの民間投資誘致(07/11)

新政権の基金、目標達成には追加投資が必要(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン