• 印刷する

VW、米フォードと覚書=商用車の共同開発検討

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は19日、米同業フォード・モーターと戦略的提携に向けた覚書(MOU)を結んだと発表した。商用車の共同開発など複数のプロジェクトを検討する。相互出資などの資本提携は予定していない。

両社は「様々な商用車の共同開発など、複数分野でプロジェクトの可能性を探ることにより、顧客ニーズの進展に対応する」としている。提携の詳細な内容は、交渉が進む中で明らかにする方針。

VWのグループ戦略を統括するトマス・セドラン氏は、「両社は様々な商用車セグメントで既に強固な地位を築いており、相互補完性も高い」と指摘。「困難な事業環境に適応するためには、提携を通じて柔軟性を獲得することが極めて重要」と話している。

VWとフォードは1990年代前半に中南米で提携するとともに、欧州でミニバンを共同開発した実績がある。VWは以前、独同業ダイムラーと小型商用車の共同生産を行っていたが、数年前に提携を解消した。自動車業界では、排ガス基準の厳格化と、オンライン販売の増加による宅配需要の拡大が重なり、小型商用車の電化を急いでいる。こうした中、協業による開発コストの負担共有は合理的な選択肢となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

連立政権への不満、過去最高 前倒し総選挙「賛成」5割=調査(06/14)

スペインの風力発電、30年目標達成に暗雲(06/14)

独ショット、ハンガリーに注射器工場(06/14)

ピストリウス国防相、徴兵制復活計画を発表(06/14)

「エルブタワー」、建設継続に3者が名乗り(06/14)

自動車部品ボッシュ、一部事業の上場検討(06/14)

シーメンス・エナジー、風力で中国社に対抗(06/14)

VWやいすゞ、南アの貨物鉄道再開を協議(06/14)

光学機器カールツァイス、台湾新拠点開設へ(06/14)

シルトロニック、シンガポールで工場開所式(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン