• 印刷する

VW、米フォードと覚書=商用車の共同開発検討

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は19日、米同業フォード・モーターと戦略的提携に向けた覚書(MOU)を結んだと発表した。商用車の共同開発など複数のプロジェクトを検討する。相互出資などの資本提携は予定していない。

両社は「様々な商用車の共同開発など、複数分野でプロジェクトの可能性を探ることにより、顧客ニーズの進展に対応する」としている。提携の詳細な内容は、交渉が進む中で明らかにする方針。

VWのグループ戦略を統括するトマス・セドラン氏は、「両社は様々な商用車セグメントで既に強固な地位を築いており、相互補完性も高い」と指摘。「困難な事業環境に適応するためには、提携を通じて柔軟性を獲得することが極めて重要」と話している。

VWとフォードは1990年代前半に中南米で提携するとともに、欧州でミニバンを共同開発した実績がある。VWは以前、独同業ダイムラーと小型商用車の共同生産を行っていたが、数年前に提携を解消した。自動車業界では、排ガス基準の厳格化と、オンライン販売の増加による宅配需要の拡大が重なり、小型商用車の電化を急いでいる。こうした中、協業による開発コストの負担共有は合理的な選択肢となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン