• 印刷する

豪とFTA交渉開始 EU、対豪貿易高は37%増も

欧州連合(EU)は18日、オーストラリアとの自由貿易協定(FTA)締結に向けた交渉を正式に開始した。貿易障壁を削減し、域内企業の成長を促すとともに、世界的な自由貿易主義の強化に貢献する狙い。

欧州委員会のマルムストローム貿易担当委員はこの日、オーストラリアの首都キャンベラで同国のターンブル首相およびチオボー貿易・観光・投資相と会談した。双方の代表団による第1回交渉ラウンドは、7月2~6日にブリュッセルで開かれる。EUは5月22日の外相会議で、オーストラリアとのFTA交渉開始を承認していた。

EUはオーストラリアにとって中国に次ぐ世界第2の貿易相手。EUからは主に、自動車などの輸送機器、機械、化学品、食品などを輸出している。EU・オーストラリア間の物品貿易高は近年、着実に増加しており、2017年には約480億ユーロに達した。FTAが締結されれば、これがさらに37%増える見通し。

マルムストローム委員は「EUの貿易パートナーにオーストラリアが加わるのを楽しみにしている」とコメント。「困難な時世の中、同国とは、前向きな貿易協議や優れた貿易協定が双方の得になるいう考えを共有できて心強い」と話し、世界的な保護貿易主義の高まりへの懸念をにじませた。

なおマルムストローム委員は21日、ニュージーランドの首都ウェリントンを訪問し、同国とのFTA交渉を正式に開始する予定。EUは昨年に日本との経済連携協定(EPA)交渉が妥結したほか、今春にはメキシコとのFTA交渉でも大筋合意。また、昨年9月にはカナダとの包括的経済貿易協定(CETA)が暫定発効するなど、アジア・太平洋地域との関係を強化している。


関連国・地域: EUアジア中南米カナダ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料化学その他製造サービスマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー、ECDCが高感染リスク国に指定(09/25)

EU気候中立目標、自動車産業への影響は <連載コラム・自動車産業インサイト>第48回(09/25)

EU、ルカシェンコ大統領の正当性認めず(09/25)

企業の半数、離脱移行期間終了に備えられず(09/25)

欧州委、移民受け入れの改革案 各加盟国の負担公平化目指す(09/25)

EU、欧州横断急行の復活を検討(09/25)

欧州商用車登録台数、8月は18.1%減少(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン