• 印刷する

ダイムラーにリコール命令 排ガス不正ソフト搭載で=運輸省

ドイツ連邦運輸・デジタルインフラ省は11日、独自動車大手ダイムラーに対して、ディーゼル車のエンジンに排ガスを制御する不正ソフトウエアが使われているとしてリコール(無料の回収・修理)を命じた。高級車部門メルセデス・ベンツの3車種を中心に、国内では23万8,000台、欧州連合(EU)全体では77万4,000台が対象となる。

ソフトウエアの改修が必要なのはメルセデス・ベンツのスポーツタイプ多目的車(SUV)「GLC220d」、セダン「C220d」、中型バン「ビトー(Vito)」など。同社のディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は同日、アンドレアス・ショイアー運輸相と会談。同運輸相は、禁じられている装置が使用されていることを理由に即時の正式なリコールを命じた。ツェッチェCEOはこれまで、不正があったことは認めていない。

同社の不正ソフトウエア搭載を巡っては、ドイツ連邦陸運局(KBA)がその使用を発見したと独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークが10日に報じていた。また独週刊誌シュピーゲルは先に、KBAがこの件でダイムラーに対して最大38億ユーロの罰金を科すと警告したと伝えていた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独ダイムラー、ポーランドでEV電池生産へ(12/19)

伊スパークリングワイン輸出高が過去最高に(12/19)

フランス、デジタル課税を来年1月に導入(12/19)

Ifo企業景況感、12月は悪化(12/19)

連邦政府の財政黒字、100億ユーロ超えへ(12/19)

ユーロ圏、共通予算の創設で合意(12/19)

ドイツ銀、離脱に備え清算業務の移管テスト(12/19)

商船三井、ウニパーとLNG基地で覚書(12/19)

トタル、越中南部でガス火力発電所を計画(12/19)

シーメンス、中国・南京にR&Dと生産拠点(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン