• 印刷する

ダイムラーにリコール命令 排ガス不正ソフト搭載で=運輸省

ドイツ連邦運輸・デジタルインフラ省は11日、独自動車大手ダイムラーに対して、ディーゼル車のエンジンに排ガスを制御する不正ソフトウエアが使われているとしてリコール(無料の回収・修理)を命じた。高級車部門メルセデス・ベンツの3車種を中心に、国内では23万8,000台、欧州連合(EU)全体では77万4,000台が対象となる。

ソフトウエアの改修が必要なのはメルセデス・ベンツのスポーツタイプ多目的車(SUV)「GLC220d」、セダン「C220d」、中型バン「ビトー(Vito)」など。同社のディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は同日、アンドレアス・ショイアー運輸相と会談。同運輸相は、禁じられている装置が使用されていることを理由に即時の正式なリコールを命じた。ツェッチェCEOはこれまで、不正があったことは認めていない。

同社の不正ソフトウエア搭載を巡っては、ドイツ連邦陸運局(KBA)がその使用を発見したと独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークが10日に報じていた。また独週刊誌シュピーゲルは先に、KBAがこの件でダイムラーに対して最大38億ユーロの罰金を科すと警告したと伝えていた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ワイヤーカード、事業買収に百社以上が関心(07/09)

VW、スロバキアで5億ユーロ投資へ(07/09)

ドイツ銀、米富豪との関係巡り当局が罰金(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

DHL、JLRの英国工場で2200人整理へ(07/09)

独高級車2社、第2四半期も共に2桁減(07/09)

ルフトハンザ、比での新格納庫建設を中断(07/09)

イネオス、ダイムラー仏工場の取得巡り協議(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

ベーリンガー、中国に創薬研究拠点を開設(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン