ユーロ圏インフレ率、5月は1.9%に加速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは5月31日、5月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比1.9%上昇したと発表した。上昇幅は4月の1.2%から大きく加速し、過去1年超で最大となった。欧州中央銀行(ECB)が目標とする約2%に大きく近づいている。

5月は食品・アルコール飲料・たばこが2.6%上昇し、前月の2.4%から加速。エネルギーは前月から大きく3.5ポイント伸び、6.1%値上がりした。サービスは1.6%、エネルギーを除く工業製品は0.2%それぞれ伸びた。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は1.1%と、前月から伸びが0.4ポイント拡大した。

なお、欧州中央銀行(ECB)は4月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置いた。量的緩和策については、毎月300億ユーロの資産購入を少なくとも9月末まで続け、必要であれば9月以降も継続するとしている。ただ、ECBの専務理事であるラウテンシュレーガー氏とクーレ氏は、資産購入を年内に終了するよう主張を強めており、5月のインフレ率はこの好材料となりそうだ。


関連国・地域: EU
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料製造一般天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス政治

その他記事

すべての文頭を開く

西製造業受注、4月は1.1%増加(06/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線>2018年5月 NIGEL’S INSIGHT(06/22)

コルティ、心臓発作診断のAIソフトを開発(06/22)

EU離脱法案が議会通過 政府説得で造反抑え込み(06/22)

ダイムラー、通期見通し下げ 米中摩擦による輸出減見越し(06/22)

難民支援を罰する反ソロス法案、議会通過(06/22)

独仏、EU内の法人税制調和で共同提案へ(06/22)

<連載コラム・欧州M&A最前線> 2018年5月の動き(06/22)

極右ルペン氏、議員手当の不正受給巡り敗訴(06/21)

対米報復関税を22日に導入 EU、米国産品に25%課税(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン