ホルシム、パリとチューリヒの拠点閉鎖

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は、組織簡素化と業績改善に向けた取り組みの一環として、パリおよびチューリヒの両支社を閉鎖すると発表した。2018年末までに計画を完了させる予定で、これに伴い200人超の従業員が失職する見通し。 人員整理の対象となるの…

関連国・地域: フランススイスアジア米国
関連業種: その他製造雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

グリーンコア、米事業を11億ドル弱で売却へ(10/16)

化学シーカ、ドバイに新工場を開設(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

シンドラー、星でスマートソリューション提供(10/15)

物流シーバ、第三者からの買収提案を拒否(10/12)

ウィットブレッド、コスタ売却を株主が承認(10/12)

スイス・仏国境に欧州初の相乗り専用車線(10/11)

日立造船、独でバイオガスプラント設備受注(10/11)

製薬ロシュ、多発性硬化症向けアプリを展開(10/11)

ルフトハンザ、大阪路線切り替えは3月末に(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン