ホルシム、比で4600万ドルを設備投資

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)のフィリピン子会社は今年、24億ペソ(4,600万ドル)を設備投資に充て、生産能力を拡大する計画だ。地元紙インクワイラーなどが伝えた。 ジョン・スタル社長兼CEO(最高経営責任者)によると、同社は2019年までに年産能力…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベシックス、ドバイに3D印刷スタジオ開設(04/23)

ABB、シュピースホーファーCEOが辞任(04/18)

グレンコア、コンゴ民主でコバルト輸出再開(04/17)

クレディ・スイス、中国合弁の出資引き上げ(04/17)

現代自、スイス社と燃料電池トラック生産(04/16)

ティーケーピー、リージャスの日本事業取得(04/16)

ラファージュホルシム、カメルーンに新工場(04/15)

GIZ、インドネにバスレーン建設を計画(04/15)

食品ネスレ、比の飲料工場が操業開始(04/12)

NTTコム、オランダでデータセンター開設(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン