5月は過去1年半で最低 ユーロ圏総合PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは23日、5月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が54.1ポイントとなったと発表した。前月から1ポイント低下し、過去18カ月で最低を記録。景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントを59カ月連続で超えたが、落ち込み幅は市場予想を大きく上回った。

ユーロ圏の製造業PMIは55.5ポイント。4月から0.7ポイント下落し、過去15カ月で最低を記録した。生産高の伸びは過去18カ月で最も縮小し、新規受注は5カ月連続で減速している。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは56.8ポイントと1.3ポイント低下。2017年2月以降で最も低い水準となった。一方、フランスは1.3ポイント上昇し、過去3カ月で最高の55.1ポイントに達した。

ユーロ圏総合指数のうち、生産高の伸びは過去1年半で最も縮小し、新規受注も減速した。雇用ペースは高水準を維持している。仕入れ価格は過去3カ月で最も上昇し、出荷価格も引き続き上昇基調にある。

■サービス業は独仏共に低下

ユーロ圏のサービス業PMIは53.9ポイントと、0.8ポイント低下。国別ではドイツが52.1ポイントで、前月を0.9ポイント下回り、過去20カ月で最低を記録。フランスは54.3ポイントと大きく3.1ポイント低下し、こちらは16カ月ぶりの低水準だった。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン首席エコノミストは今回の結果について、「5月はいつになく祝日の数が多く、これが影響したとの報告も見られた」と指摘。第2四半期(4~6月)の域内総生産(GDP)成長率は0.4%をやや上回ると予測し、0.5~0.6%とした5月初めの見通しを引き下げている。


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 経済一般・統計製造一般金融・保険商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

成長率見通しを下方修正 Ifo、世界経済リスクなど受け(06/20)

【欧州企業よもやま話】第254回・リリウム クリーンな未来への「空の旅」提供(06/20)

EU、クリミアに対する制裁を1年延長(06/20)

欧州初のサウジ上場投資信託が上場(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は1.8%増加(06/20)

中国、EU製鋼管の反ダンピング措置で調査(06/20)

EUの難民申請件数、第1四半期は15%減少(06/20)

【欧州における日本企業の動向】5月21日~6月3日(06/20)

伊・マルタが拒否の難民、スペインに入港(06/19)

豪とFTA交渉開始 EU、対豪貿易高は37%増も(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン