• 印刷する

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出

英オンライン食品販売会社オカド(Ocado)は17日、米スーパー大手クローガー(Kroger)と提携することで合意したと発表した。オカドが持つ食品配達向けの技術を、米国でクローガーに独占的に提供する。オカドは米小売業界でウォルマートに次ぐ巨大企業のクローガーと手を組み、世界最大市場である米国への進出を果たす格好だ。

オカドは、オンラインショッピング用プラットフォーム「スマート・プラットフォーム」をクローガーに提供する。両社は既に、米国で年内に3カ所の自動化物流施設を設置するための候補地を選定しており、向こう3年間でこれを最大で合計20カ所に増やす方針。また、クローガーはオカドの株式5%を取得することでも合意した。

オカドは、クローガーは米国の食品小売市場で勝ち抜くのに最適な企業であるとし、米国の他の小売業者との協議を打ち切ることを明らかにした。クローガーの年商は約1,220億ドルに上り、スーパーマーケットチェーンでは米最大手、小売業者としても世界最大手のウォルマートに次ぎ米国で2位に付けている。

オカドは昨年11月以降、仏カジノ・グループ、カナダのソビーズ(Sobeys)、スウェーデンのICAグループと相次いで提携を結んでおり、クローガーとの提携は過去半年で4件目となる。また英国では、英スーパー4位のモリソンともオンライン食品販売で契約を結んでいる。

オカドは、足元の英国ではオンライン食品販売会社としてのイメージが強い。だが市場関係者はそうした事業は「氷山の一角」にすぎず、テクノロジーや物流がオカドの真骨頂だとした上で、これらのサービスを世界中の市場でライセンス供与できる可能性を秘めていると指摘している。[M&A]


関連国・地域: 英国フランススウェーデン米国カナダ
関連業種: 食品・飲料金融運輸IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

伊スパークリングワイン輸出高が過去最高に(12/19)

会計とコンサル業務の分離を 英当局、会計業界の改善案提示(12/19)

スイスと英国、航空運輸協定を締結(12/19)

ロシア鉱工業生産、11月は2.4%増加(12/19)

離脱協定巡る下院投票、1月第3週に=首相(12/19)

ドイツ銀、離脱に備え清算業務の移管テスト(12/19)

高級車ジャガー、英国で5千人整理も(12/19)

メルカリ、英国から撤退=子会社2社を解散(12/19)

BA、パキスタン直行便を10年ぶり再開(12/19)

AIチップ開発グラフコア、2億ドル調達(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン