• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、4月は1.2%に減速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは3日、4月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比1.2%上昇したと発表した。伸びは3月の1.3%からわずかに減速。欧州中央銀行(ECB)が目標とする約2%を14カ月連続で下回っている。

4月は食品・アルコール飲料・たばことエネルギーが共に2.5%上昇し、それぞれ前月の2.1%、2%から加速。サービスは1%値上がりし、エネルギーを除く工業製品は0.3%伸びた。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は0.7%と、前月から伸びが0.3ポイント縮小した。

昨年は4月にあったイースター休暇が、今年は3月にあり、これに伴う航空券などの値上がりの影響などを加味すると、4月のインフレ率は経済の実態を映し出していないと見る向きもある。

なお、欧州中央銀行(ECB)は4月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置いた。量的緩和策については、毎月300億ユーロの資産購入を少なくとも9月末まで続け、必要であれば9月以降も継続するとしている。


関連国・地域: EU
関連業種: 食品・飲料その他製造金融運輸天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スポティファイ創業者、新興企業に私財投資(09/28)

ポーランド政府、2049年に全炭鉱閉鎖へ(09/28)

英仏、新規感染者が過去最多 第2波拡大で各国が規制強化(09/28)

【今週の主な予定】9月28日~10月2日(09/28)

欧州委、米アップルの租税回避問題巡り上訴(09/28)

越、対EU砂糖輸出で1万トンまで関税免除(09/28)

欧州委、EU加盟国間でごみ袋の色を統一へ(09/28)

EU、ルカシェンコ大統領の正当性認めず(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン