• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、4月は1.2%に減速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは3日、4月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比1.2%上昇したと発表した。伸びは3月の1.3%からわずかに減速。欧州中央銀行(ECB)が目標とする約2%を14カ月連続で下回っている。

4月は食品・アルコール飲料・たばことエネルギーが共に2.5%上昇し、それぞれ前月の2.1%、2%から加速。サービスは1%値上がりし、エネルギーを除く工業製品は0.3%伸びた。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は0.7%と、前月から伸びが0.3ポイント縮小した。

昨年は4月にあったイースター休暇が、今年は3月にあり、これに伴う航空券などの値上がりの影響などを加味すると、4月のインフレ率は経済の実態を映し出していないと見る向きもある。

なお、欧州中央銀行(ECB)は4月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置いた。量的緩和策については、毎月300億ユーロの資産購入を少なくとも9月末まで続け、必要であれば9月以降も継続するとしている。


関連国・地域: EU
関連業種: 食品・飲料その他製造金融運輸天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン