欧州委、バイエルの農業化学事業売却を承認

欧州委員会は4月30日、独製薬・化学大手バイエルが、農業化学のクロップサイエンス部門の一部事業を独化学大手BASFに売却することを承認した。BASFが非選択性除草剤の開発に向けた一部研究を断念することなどが条件となる。 欧州委は、本取引の大半に競争上の懸念は見い…

関連国・地域: ドイツEUロシア米国欧州
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、党内の信任獲得 次期総選挙前に退任の意向示す(12/13)

ジェムアルト買収に青信号 欧州委、タレスの事業放出条件に(12/13)

欧州議会、日EU経済連携協定を承認(12/13)

シーメンスとアルストム、欧州委に譲歩案(12/13)

英ボーダフォン、資産取得巡り欧州委が調査(12/13)

みずほ証券、フランクフルトで認可取得(12/13)

ユーロ圏鉱工業生産、10月は0.2%増加(12/13)

欧州司法裁「ECBの証券買い入れは正当」(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

東欧2カ国のシェンゲン協定加盟に青信号(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン