欧州委、バイエルの農業化学事業売却を承認

欧州委員会は4月30日、独製薬・化学大手バイエルが、農業化学のクロップサイエンス部門の一部事業を独化学大手BASFに売却することを承認した。BASFが非選択性除草剤の開発に向けた一部研究を断念することなどが条件となる。 欧州委は、本取引の大半に競争上の懸念は見い…

関連国・地域: ドイツEUロシア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計化学・石化農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

EU、中国の電動自転車に反ダンピング関税(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(1)(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(2)(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

グーグルに史上最高額の罰金 欧州委、競争法違反で(07/19)

政府、金融NLBのIPOを年内実施へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン