<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第2回 政治の年を終えた欧州経済の課題

欧州では、昨年来行われてきた主要国の国政選挙に一区切りがついた。欧州連合(EU)に懐疑的なポピュリズム政党が政権の座に就き、英国に続いて「EU離脱」に向かうような事態は今のところ避けられている。しかし、ポピュリズム政党はドイツをはじめ各国で得票率を伸ばし、選挙…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、党内の信任獲得 次期総選挙前に退任の意向示す(12/13)

ジェムアルト買収に青信号 欧州委、タレスの事業放出条件に(12/13)

欧州議会、日EU経済連携協定を承認(12/13)

シーメンスとアルストム、欧州委に譲歩案(12/13)

英ボーダフォン、資産取得巡り欧州委が調査(12/13)

みずほ証券、フランクフルトで認可取得(12/13)

ユーロ圏鉱工業生産、10月は0.2%増加(12/13)

欧州司法裁「ECBの証券買い入れは正当」(12/13)

スカニアなど、LNGトラックの普及に意欲(12/13)

東欧2カ国のシェンゲン協定加盟に青信号(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン