• 印刷する

石油シェル、67%増益 原油価格の上昇などが追い風に

英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは26日、第1四半期(1~3月)の純利益が58億9,900万ドルとなり、前年同期比67%増加したと発表した。生産量が増加したほか、原油価格の上昇やコストの低下が追い風となった。

在庫評価変動の影響と特別損益を除いた純利益は53億2,200万ドルと、前年同期比42%増えた。これを事業別に見ると、探査・採掘の上流部門は15億5,100万ドルと3倍弱に拡大。ガス部門は2倍超に増えた。一方、製油や販売を手掛ける下流部門は32%の減益だった。上流部門の石油・ガスの生産量は日量286万7,000石油換算バレルと5%縮小したが、ガス部門と合わせると383万9,000バレルで2%伸びている。

シェルは英ガス・石油大手BGグループの買収資金を確保するため、2018年末までに300億ドル相当の資産を売却する計画を進めており、既に約260億ドル分が完了している。

ベン・ファンビューデン最高経営責任者(CEO)は「ガス部門が引き続き伸びて好調だったほか、上流部門の利益率が改善した」と述べた。また、パフォーマンスの改善や新規プロジェクトなどを通じてポートフォリオの質を高めていく方針を示した。[M&A]


関連国・地域: 英国オランダ
関連業種: 金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

接触追跡アプリ、イングランドで利用可能に(09/24)

スコットランド、世帯間の交流制限を厳格化(09/24)

米ローンスター、アズダ買収合戦から撤退(09/24)

HSBC、香港で中堅幹部含む40人解雇か(09/24)

EU、英国内市場法案巡り提訴を再度示唆(09/24)

ティックトック、域内への情報移転を否定(09/24)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン