• 印刷する

ポルシェ、排ガス不正で検察当局が家宅捜索

独南西部シュツットガルトの検察当局は18日、排ガス不正問題に絡み、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の高級スポーツカー部門ポルシェの家宅捜索を行ったと発表した。対象となったのは3人で、うち1人は取締役、1人は上級管理職、残りの1人は元従業員。

同当局は、30人の検察局職員と約160人の警察官を動員し、南西部バーデンビュルテンベルク州と南部バイエルン州の約10カ所に踏み込んだ。ポルシェの広報担当者は家宅捜索の事実を認め、シュツットガルトや南部インゴルシュタット(Ingolstat)、南西部ネッカースウルム(Neckarsulm)の拠点が捜査の対象となったことを明らかにした。「アウディとポルシェは捜査当局に協力している」とコメントしている。

ポルシェが排ガス不正問題で家宅捜索を受けるのは今回が初めて。VWに端を発する排ガス不正問題を巡っては、アウディとポルシェのディーゼル車でも違法ソフトの搭載が確認されており、当局は昨年7月にポルシェの従業員を対象に正式な捜査を開始している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VWとフォード、戦略的提携を正式発表(01/16)

【欧州企業よもやま話】第271回:リドル 果物店から格安スーパーの雄に(01/16)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

米EVテスラ、ワルシャワに現地法人設立(01/16)

経済成長率、1.5%に減速 2018年は過去4年で最低水準(01/16)

米フォード、英での人員削減数は1千人超か(01/16)

メルケル首相、炭鉱抱える各州の首長と協議(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

コンチネンタル、中国のタイヤ工場を拡張(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン