• 印刷する

サウジアラムコが大型契約 仏複数企業と総額120億ドル

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは10日、石油メジャーの仏トタルや仏米資本の油田設備・エンジニアリング大手テクニップFMCなど複数のフランス企業と計120億ドル超の契約を締結したと発表した。ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の訪仏に合わせて調印式が行われた。

サウジアラムコとトタルは、石油化学コンプレックスの共同開発に向けた覚書(MOU)を結んだ。合弁会社SATORPを通じて運営するサウジ東部ジュバイル(Jubail)の既存の精製施設に、約50億ドルを投じて新たにミックスフィード・クラッカー(MFC)などを併設する。MFCでは、ナフサやSATORPから放出されるオフガスなどを精製し、エチレンなどの石油化学製品を年間150万トン生産する計画だ。両社は併せて、サウジ国内のガソリンスタンド網の共同買収に向けたMOUも結んでいる。

一方、テクニップとはウェルヘッド(坑口装置)および表面処理機器の調達契約を締結。また、仏電機大手シュナイダー・エレクトリックとは設置済み機器の保守契約を結んだ。このほか、サウジラビアの産業投資公社のドゥスル(Dussur)と共に、仏水道・廃棄物処理大手ヴェオリア・エンバイロメントおよび仏公益事業大手エンジー(Engie、旧GDFスエズ)と産業廃水処理関連のMOUを締結している。

ムハンマド皇太子はサウジ経済の脱石油依存に向けた長期経済計画「ビジョン2030」を進めており、サウジアラムコも同計画に基づき事業の多角化に取り組んでいる。アミン・ナセル社長兼最高経営責任者(CEO)は「当社は、ポートフォリオ拡大計画の一環として、向こう10年に極めて野心的で大規模な投資を行う予定」とした上で、「その中には世界的規模のプロジェクトも多数含まれており、フランス企業が技術力の提供を通じて大きな役割を担う可能性がある」と話している。[M&A]


関連国・地域: フランス米国中東
関連業種: その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、トタルから持続可能燃料(12/06)

仏米首脳会談、露侵攻と米産業補助金に焦点(12/05)

トタル、北海への投資縮小 英の超過利潤税で25%削減(12/05)

トタル、カザフ・タンガ油田の権益売却(12/05)

ステランティス、仏5労組が賃上げ交渉(12/05)

仏製造業生産、10月は2%減少(12/05)

半導体STマイクロ、ソイテックと提携強化(12/02)

仏GDP、第3四半期は0.2%拡大=改定値(12/02)

仏新車登録台数、11月は9.8%増加(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン