パリ市長、セーヌ右岸の車両通行止め継続へ

パリのイダルゴ市長はセーヌ川右岸の車両通行止め措置を継続する方針だ。同市長とのインタビューを元に、仏左派紙リベラシオンが伝えた。 パリでは2016年9月、大気汚染の軽減に向けた施策の一環で、セーヌ川右岸の3.3キロメートルにわたる区間で車両の通行が禁止された。しかしパ…

関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

失業率、第2四半期は8.7%に改善(08/15)

ユーロ圏成長率、横ばいの0.4% ドイツは加速=2次速報値(08/15)

パリの男性用公衆トイレ、景観面などで苦情(08/15)

住みやすい都市、ウィーンが世界首位(08/15)

ユニリーバ、中国ネット通販京東と物流提携(08/15)

EU、米国産LNGの輸入拡大をアピール(08/14)

仏政府、非再利用プラ包装のコスト割高に(08/14)

欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え(08/14)

中銀、リラ急落受け流動性の供給を表明(08/14)

愛と欧州大陸間の貿易拠点港、蘭とベルギーか(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン