• 印刷する

伊総選挙、五つ星が第1党に 連合では中道右派が最大

イタリアで行われた総選挙の開票結果が5日判明し、代議院(下院、定数630)では反体制派政党「五つ星運動」が得票率32.7%を獲得して第1党に躍り出た。中道右派連合のうち、同盟(旧北部同盟)は17.4%と躍進。一方、中道左派で前首相のレンツィ書記長(党首)率いる民主党は18.7%と2013年の前回選挙を大きく下回り、大敗を喫している。

中道右派連合では他に、ベルルスコーニ元首相率いるフォルツァ・イタリアが14%、イタリアの同胞が4.4%。これにより、中道右派連合全体では37%に達する。中道左派連合は全体で23%にとどまった。

一方、元老院(上院、定数315)は五つ星運動が32.2%、中道右派連合が37.5%、中道左派連合は23%。いずれの勢力も単独過半数には届かず、ハング・パーラメント(宙ぶらりん議会)が確定した。向こう数週間にわたり、連立政権樹立に向けた交渉が展開される見通しだ。

五つ星運動のルイジ・ディマイオ党首は「歴史的な結果だ」と喜びを表した。同盟のマッテオ・サルビーニ党首は同党の得票率が連合の中で首位だったことから、自らが首相候補になるべきと改めて強調。ただ、五つ星運動との連立の可能性は否定している。民主党の今回の大敗を受け、レンツィ氏は書記長職を辞任すると表明した。

イタリアでは昨年10月に幅広い政党間の連合を認める新選挙法が成立。これにより、過半数議席獲得には連合全体で少なくとも得票率が40%に達する必要がある。


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー空港の検査、伊が受け入れ保留(10/22)

EU、追跡アプリの連携開始=独など3カ国(10/21)

コンテ内閣、新たな経済刺激策を承認(10/20)

MET、東部カバの太陽光発電所が稼働(10/20)

伊、モンテ・パスキの出資引き揚げ承認か(10/20)

欧州各国、相次ぎ規制厳格化 地域限定の封じ込め策で対応(10/20)

イベコ、中国・重慶でスマート工場を着工(10/19)

伊政府、雇用維持プログラムを18週間延長か(10/16)

エニとルクオイル、コンゴと探査巡り協議(10/16)

イタリア、営業時間制限などの新規制導入(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン