• 印刷する

自動車PSA、11.5%増益 オペル損失も新モデル好調で

仏自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は1日、2017年12月期の純利益が19億2,900万ユーロとなり、前期比11.5%増加したと発表した。米ゼネラルモーターズ(GM)から買収した独オペルと英ボクソールが損失を計上したものの、新モデルの販売が好調で、全体の売上高や営業利益(特別損益除く)は過去最高を記録した。

売上高は20.7%増の652億1,000万ユーロ。うちオペル・ボクソールは72億3,800万ユーロで、これを除く主力の自動車部門は9.9%増加した。既に発表済みの世界販売台数は15.4%増の363万2,314台と、買収により大きく底上げされた。

グループの営業利益(特別損益除く)は39億9,100万ユーロと23.4%拡大。自動車部門は33.3%増加した。自動車部品子会社のフォルシア(Faurecia)は20.6%増やし、金融サービス部門も10.7%伸びた。一方、オペルとボクソールは1億7,900万ユーロの赤字となった。

カルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)はオペル・ボクソールについて、経営権の移行期間にマネジメントがルーズになり、業績が振るわなかったと釈明。同部門は生産体制や研究開発(R&D)、調達先などの一本化により2020年までに11億ユーロのコスト削減を図る方針で、経営改革に自信を示している。

オペル・ボクソールを除く自動車部門の営業利益率は7.3%となり、2021年の目標値である6%を上回った。PSAは、来年初めの戦略見直しで目標値を引き上げる可能性を示している。

今年の自動車市場については、欧州が横ばいとなり、中南米は4%、ロシアは10%、中国は2%それぞれ拡大するとみる。売上高については、2018年までに対2015年比で10%増とし、2021年までにさらに15%の上乗せを目指す。[M&A]


関連国・地域: 英国ドイツフランスロシアアジア米国中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、ガソリンバウチャーの給付を検討(10/20)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

ANA、エアバス「A380」の3号機受領(10/18)

仏、ヘルスパス制度を来年7月まで延長可に(10/18)

左派・社会党、大統領選候補にパリ市長選出(10/18)

仏インフレ率、9月の改定値は2.2%(10/18)

ヤンデックス、ロンドンで食品即配サービス(10/18)

プラグ・パワー、脱炭素化でエアバスと提携(10/15)

トタルエナジーズ、浮体式風力発電で合弁(10/15)

ANAの片野坂社長、フランスで勲章を受章(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン