• 印刷する

ユーロ圏成長率、0.6%に減速 ドイツも減速=2次速報値

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは14日、ユーロ圏19カ国の2017年第4四半期(10~12月)の実質域内総生産(GDP、2次速報値)が前期比0.6%増加したと発表した。1次速報値から変化がなく、伸びは第3四半期の0.7%からわずかに減速。圏内最大の経済規模を誇るドイツも減速した。

国別の成長率を見ると、ドイツは0.6%と第3四半期の0.7%をわずかに下回った。家計最終消費支出が前期からほとんど変化がなかった一方、政府最終消費支出は増加し、投資を示す総固定資本形成は機械・機器の分野でわずかに拡大した。貿易は輸出が大幅に伸び、輸出から輸入を差し引いた純輸出がGDPを押し上げている。

フランスの成長率は0.6%と、前期から0.1ポイント加速。イタリアは0.3%、スペインは0.7%と、共に0.1ポイント減速した。オランダは0.4ポイント加速し、0.8%だった。ユーロ圏外では英国が0.5%と、前期の0.4%から加速している。

ユーロ圏のGDPは、前年同期比では2.7%拡大。1次速報値から変化がなかった。EU28カ国全体ではこちらも前期比で0.6%、年率では2.6%それぞれ伸びた。

欧州委員会は先に発表した冬季経済見通しの中で、今年のユーロ圏19カ国のGDP成長率が2.3%になると予想。労働市場の改善や高水準の景況感に加え、世界経済と貿易が予想以上の成長を見せていることなどから、昨年11月時点の予測から0.2ポイント上方修正した。来年については、0.1ポイント引き上げ2%とした。

ユーロ圏の第4四半期GDPの改定値は3月7日に発表される予定。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペインオランダ
関連業種: その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

クラウドは自動車業界でも必須の存在に <連載コラム・自動車産業インサイト>第51回(01/15)

WHO「コロナ2年目はより厳しい可能性」(01/15)

DBシェンカー、英国向け配送を一時停止(01/15)

米、ノルドストリーム2関与企業に新制裁へ(01/15)

欧州食品当局、ミールワームを食用で承認(01/15)

かんぽ生保、欧州開発銀のグリーン債に投資(01/15)

アブダビの投資促進機関、欧米などに8拠点(01/15)

EU、チェコ政府の果樹園・灌漑支援を承認(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン