• 印刷する

1月は過去12年弱で最高 ユーロ圏総合PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは24日、1月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が58.6ポイントとなったと発表した。前月から0.5ポイント上昇し、伸び幅は市場予想を上回った。景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントを55カ月連続で超え、2006年6月以降で最高を記録している。

ユーロ圏の製造業PMIは59.6ポイント。2017年12月から1ポイント下落し、過去3カ月で最低を記録した。生産高が大きく伸びた一方、新規受注はやや減速した。雇用は引き続き拡大傾向を維持している。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは61.2ポイントと2.1ポイント低下。1996年4月の統計開始以来で最高に達した前月から減速したものの、依然として高水準で推移している。フランスは58.1ポイントと0.7ポイント下げた。

ユーロ圏総合指数のうち、雇用ペースは2000年9月以降で最も加速。生産高の伸びは2006年6月以降で最大を記録し、新規受注も引き続き拡大した。仕入れ価格は過去7年弱で、出荷価格は2011年4月以降でそれぞれ最も上昇している。

■サービス業は独が好調

ユーロ圏のサービス業PMIは57.6ポイントと、1ポイント上昇。国別では、ドイツが57ポイントと昨年12月を1.2ポイント上回り、過去7年弱で最高を記録した。フランスは59.3ポイントと前月から0.2ポイント上昇している。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン首席エコノミストは今回の結果から、「2018年のユーロ圏経済は好調なスタートを切った」と述べ、第1四半期(1~3月)の域内総生産(GDP)成長率が前期比1%近くになるとの見通しを示した。また、労働市場の改善が消費者支出を拡大させ、賃金上昇だけではなくユーロ圏経済を押し上げると予想している。


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: その他製造金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第315回:シグ 老舗が手掛けるエコボトル(09/30)

世界の新型コロナ感染死者数、100万人突破(09/30)

日本車の対欧輸出、トヨタとスズキがプラス(09/30)

【中村航の西方見聞録】英国でも広がる?反ワクチン反マスク運動(09/29)

トルコ、EUサミットで関係修復狙う(09/29)

スイス、EUとの人の移動自由を維持(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン