• 印刷する

「ユーロ圏経済は着実に回復」 見通し大幅引き上げ=OECD

経済協力開発機構(OECD)は28日発表した世界経済見通しの中で、ユーロ圏の今年の域内総生産(GDP)成長率が2.4%になるとの見通しを示した。世界経済および貿易の回復や、成長促進に向けた金融緩和策、政治的な先行き不透明感の軽減を背景に、前回6月時点の予測から0.6ポイントと大幅に引き上げている。一方、英国の成長見通しは1.5%に下方修正し、欧州連合(EU)離脱交渉の行方次第ではさらに押し下げられる可能性もあるとしている。

OECDは、ユーロ圏経済は着実に回復を続けており、広範な産業分野や国々に成長のすそ野が広がっていると評価。成長の原動力は主に内需だが、輸出も引き続き上向いているとしている。来年のGDP成長率見通しも前回から0.3ポイント引き上げたが、伸びは2.1%に減速し、2019年は1.9%に落ち着くとみている。

国別では、ドイツの成長率見通しは今年が2.5%、来年は2.3%となり、2019年は1.9%に減速するとみる。フランスは今年、来年とも1.8%伸び、2019年は1.7%へとやや鈍化する見通し。イタリアは今年が1.6%、来年は1.5%、2019年は1.3%と予想する。スペインは今年は3.1%伸びるものの、来年は2.3%、2019年は2.1%への減速を見込む。

ユーロ圏外では、英国の今年の成長率見通しを前回から0.1ポイント引き下げ、1.5%とした。来年については0.2ポイント上方修正したが、伸びは1.2%にとどまるとみており、2018年はさらに1.1%に減速すると予想する。この予測は、英国のEU離脱後に制度の急変を避けるための移行期間を設けることで、両者が合意することを前提としている。OECDは、EU離脱プロセスを巡る先行き不透明感は英経済にとっての最大のリスクと指摘する一方、英国がEUと可能な限り緊密な経済関係を結ぶとの見通しが立てば、英経済は予想以上に伸びる可能性もあるとしている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペイン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

ルーマニアGDP、第3四半期は4.3%増加(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

欧州議会、商用車の排出35%削減案を可決(11/16)

EU、域内通話・SMS料金の上限設定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン