• 印刷する

アムステルダムとパリに軍配 在英EU機関の移転先が決定

欧州連合(EU)加盟27カ国(英国を除く)は20日、ロンドンに本部を置く2つのEU機関のブレグジット後の移転先を決める投票を行った。欧州医薬品庁(EMA)の移転先はアムステルダムに、欧州銀行監督機構(EBA)の移転先はパリに決定した。

EMAの移転先には、アムステルダムを含む16都市が最終的に立候補していた。ブリュッセルのEU本部で行われた投票は、複数回の投票を経て段階的に候補都市を絞る方式で、1回目の投票結果でまずミラノとアムステルダム、コペンハーゲンが候補に残った。続いて行われた第2回投票では、コペンハーゲンが脱落し、ミラノとアムステルダムが決選投票に進んだ。スロバキアが投票を棄権していたため、決選投票では両都市の得票数が共に13票で並ぶ事態となり、くじ引きの結果、アムステルダムに決定した。

有力候補の1つとされていたスロバキアのブラチスラバは、第1回目の投票を通過できなかった。EMA内のLGBT (レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)グループが8月末、同庁のトップなどに宛てた書簡で、同性パートナーシップを認めていない国への移転に抵抗を示しており、これが理由となった可能性がある。

EMAはヒトおよび動物向けの医薬品の評価・監督機関で、加盟各国の当局による医薬品の販売承認をサポートする役割を担う。1995年からロンドンに設置されており、職員数は約900人。

一方、EBAの移転先には、パリにブリュッセル、ダブリン、フランクフルト、プラハ、ルクセンブルク、ウィーン、ワルシャワを加えた8都市が立候補していた。

EBAはEUの金融安定性を確保するために2011年に設置。域内銀行のストレステスト(健全性審査)の実施機関として知られる。職員数は170人超。

なお、各都市とも、EMAとEBAの両方に立候補することはできなかった。[EU規制][労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUベルギーアイルランドイタリアオーストリアデンマークルクセンブルクオランダポーランドチェコ
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、5月は0.1%増加(06/19)

ユーロ圏インフレ率、5月は1.2%=改定値(06/19)

ZEW景気期待指数、6月は大幅に悪化(06/19)

ECB総裁、追加の金融緩和の必要性に言及(06/19)

ハモンド財務相、首相の支出計画巡り辞任も(06/19)

欧州司法裁、ドイツの国外車両通行料を却下(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

スペイン、独仏の新型戦闘機開発に参画(06/19)

ユーロ圏貿易収支、4月は黒字縮小(06/19)

欧州二輪車登録台数、1~3月は20.1%増加(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン