VW、340億ユーロ投資 eモビリティーで最大手目指す

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、2022年末までにグループ全体で340億ユーロ超を投じて電気自動車(EV)などのeモビリティーや自動運転技術、新たなモビリティーサービスの開発、デジタル化に取り組む計画を発表した。eモビリティーで世界最大手を目指す戦略の一環。

340億ユーロのうち大部分は、グループ全体の新モデルの電動化とハイブリッド化に充てる。同社は9月に発表したラインアップの電動化計画「ロードマップE」で、2030年までに全世界で販売する全てのモデルに電動版を導入する方針を打ち出していた。今回の投資計画もこれに向けたもので、グループの監査役会がこの日に承認した2018~2022年の事業計画の一環。事業計画では併せて、ドイツ東部ツウィッカウ(Zwickau)工場をeモビリティー専用工場に改良し、グループの電動化およびハイブリッド化の拠点とする方針も示された。

VWグループのマティアス・ミュラー最高経営責任者(CEO)は、「事業計画の承認により、2025年までにeモビリティーの世界最大手となる目標への基盤が築かれた」と話す。同社は「ロードマップE」の中で、同年までに新たに80の電動モデルを市場に投入する方針を打ち出している。

なお、事業計画では、VWの中型セダン「パサート」を2018年末以降は全て北部のエムデン(Emden)工場で生産することや、次世代モデル以降のVW「ゴルフ」をす全て北部ウォルフスブルク(Wolfsburg)の本社工場で生産することも明らかにされている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信電機金融・保険商業・サービス建設・不動産運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン