離脱交渉決裂で生産停止も アストンマーティン、下院で警鐘

英国の欧州連合(EU)離脱交渉が決裂した場合、英高級車メーカーのアストンマーティンは生産停止を余儀なくされる可能性がある――。同社のマーク・ウィルソン最高財務責任者(CFO)が下院のビジネス・エネルギー・産業戦略委員会でこうした見方を明らかにした。BBC電子版が14日伝えた。

アストンマーティンは全車両を英国内で生産している。英国がEUとの合意なしに離脱した場合、英運輸省傘下の車両認証機関VCAによる新車認証はEU域内での効力を失うことになる。同CFOは、「新たに認証を受け直すことになれば、生産を停止せざるを得ない」とした上で、「制度の激変を避けるための移行期間が設置されれば、その間にVCA以外の機関による再認証の取得について検討できる」と話した。

ビジネス委員会にはウィルソン氏のほか、自動車製造取引業者協会(SMMT)のマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)とホンダの英現地法人ホンダモーターヨーロッパのパトリック・キーティング渉外担当者も出席。いずれも、EUとの移行期間の取り決めの明確化を求めた。

キーティング氏によると、ホンダが新関税制度に基づく欧州への輸出準備を整えるには1年半の期間が必要。同社はEU域内から毎日200万個の部品をトラック350台で輸入しており、税関手続きが15分遅れれば、最大で年間85万ポンドの損失につながる可能性もあるとしている。国内在庫の拡大などについて決定を下すためには、2018年3月までに移行期間に関する明確な見通しが必要だと強調した。

またホーズ氏は、ブレグジット後に非EU諸国と自由貿易協定(FTA)を結んでも利益を得ることは難しいと指摘。FTAでは通常、製品に使われる部品の6割が自国で生産されていることが適用の条件となるが、英自動車産業は欧州のサプライチェーンに組み込まれており、英国車の国産部品は5割に満たないという。[EU規制][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン