10月は減速も高水準 ユーロ圏総合PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは24日、10月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が55.9ポイントとなったと発表した。9月から0.8ポイント低下し、下落幅は市場予想を上回った。景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントは52カ月連続で超え、高水準を維持している。

ユーロ圏の製造業PMIは58.6ポイント。前月から0.5ポイント上昇し、過去80カ月で最高を記録した。生産高が減速した一方で新規受注が加速し、雇用は記録的な伸びを示した。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは60.5ポイントと0.1ポイント低下。フランスは56.7ポイントと0.6ポイント上昇し、過去78カ月で最高を記録している。

ユーロ圏総合指数のうち、雇用の伸びは過去10年余りで最高を記録。生産高はやや減速しながらも力強く伸び、新規受注は9月並みに拡大した。仕入れ価格の伸びは加速し、出荷価格は過去76カ月で最も上昇している。

■サービス業は仏が好調

ユーロ圏のサービス業PMIは54.9ポイントと、9月から0.9ポイント低下。国別では、ドイツが55.2ポイントと前月を0.4ポイント下回った。フランスは0.4ポイント伸びて57.4ポイントと、過去7カ月で最も高い。

IHSマークイットのアソシエートディレクター、アンドリュー・ハーカー氏は、ユーロ圏経済は年初から第4四半期(10~12月)初めまで好調を維持していると指摘。第3四半期の域内総生産(GDP)成長率予測を前期比0.7%とし、第4四半期も0.6~0.7%になると分析した。欧州中央銀行(ECB)は次回の政策理事会で、量的緩和策を2018年から一部縮小する決定を下すとの見方が広がっているが、PMIの結果を見る限り正当化されるとしている。


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 経済一般・統計製造一般金融・保険商業・サービス雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2018年4月 NIGEL’S INSIGHT(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

EEUとイラン、暫定的FTAを締結(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

ロイヤル・メール、通期は1%増益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン