• 印刷する

浮体式風力発電が始動 スコットランドで=世界初

ノルウェーの石油大手スタットオイルは18日、英スコットランド沖に建設した世界初の浮体式洋上風力発電プラント「ハイウィンド(Hywind)」の運転を開始したと発表した。生産された電力はスコットランドの送電網に送られる。

「ハイウィンド」は、スコットランド北東部アバディーンシャー州ピーターヘッド(Peterhead)の沖合25キロ、水深最大129メートルの地点に、海面からの高さが175メートルの超大型タービン5基を設置した。海底に据え付けられた鉄製チューブを使って洋上に係留されている。タービンは7月末からノルウェー沖から運び込まれ、8月に全5基の設置が完了した。発電容量は合わせて3万キロワットで、約2万世帯に電力を供給する計画だ。また、電力の安定供給のため、発電された電力の一部はリチウム電池に蓄電される。

海底に発電機を固定する従来の方法では水深50メートル地点までが限界だったが、「ハイウィンド」のタービンは水深800メートルまで設置可能。スタットオイルは同プロジェクトの開発に15年以上をかけ、2009年からノルウェー南西部の北海沖で試験を進めてきた。同社は「ハイウィンド」が成功すれば、日本や米国の西海岸、地中海などでの洋上風力発電にも道が開けると期待している。

開所式に出席したスコットランド自治政府のスタージョン首相は、「今回のプロジェクトは、スコットランドの膨大な洋上風力資源の可能性や、次世代の洋上風力技術の開発でスコットランドが国際競争の最前線にいることを示すもの」と述べた。また、再生可能エネルギーの環境的利益に加え、スコットランド経済にも大きく貢献するとしている。

「ハイウィンド」の総工費は約2億ポンドで、スコットランド自治政府も補助金を出す。プロジェクの権益比率はスタットオイルが75%、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の国有再生可能エネルギー会社マスダール(Masdar)が25%となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ノルウェーアジア米国中東欧州
関連業種: 電機鉄鋼・金属建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

スカイ買収、当局が入札方式での売却を指示(09/21)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

中国・紫金鉱業、セルビア同業に出資へ(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

小売売上高、8月は0.3%増加(09/21)

パナソニック、英インマルサットと提携(09/21)

フレンチコネクション、上半期は赤字縮小(09/21)

たばこのBAT、デュランテCEOが退任へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン