• 印刷する

造船STXの買収巡り仏伊が合意 フィンカンティエリが経営権掌握へ

仏造船会社STXフランスを伊造船大手フィンカンティエリ(Fincantieri)が買収する計画を巡り、フランスとイタリアの政府間で27日、合意がまとまった。事実上、フィンカンティエリがSTXフランスの経営権を掌握する内容となっている。仏中部リヨンではこの日、マクロン仏大統領とジェンティローニ伊首相の会談が行われ、その後の両首脳の記者会見を受けて、ANSA通信などが伝えた。

STXフランスは、多額の負債を抱え管財人の管理下に置かれている韓国・STX造船海洋の子会社だったが、フィンカンティエリによる買収を阻止するため、仏政府が一時国有化していた。両政府はその後、複数回にわたり交渉を重ね、最終的にはフィンカンティエリがSTXフランスの株式51%を取得することで合意。ただ、うち1%株は仏政府が向こう12年にわたり貸し出す形を取り、この間にフィンカンティエリが雇用や企業統治、知的財産権などを巡る合意条件に反した場合には返還を求めるという。これを踏まえ、出資比率は原則的にはフィンカンティエリが50%、仏政府が34.34%、仏造船会社ナバルグループ(旧DCNS)が10%、STXの従業員側と地元サプライヤーがそれぞれ2%、3.66%となる。なお、STXフランスの8人の取締役のうち、フィンカンティエリは最高経営責任者(CEO)と会長を含む4人の任命権を獲得。会長は賛否同数の際の決定票を握る。

両政府は併せて、2018年6月までにフィンカンティエリとナバルグループの合併の可能性を模索する意向を表明している。ナバルグループには現在、仏防衛エレクトロニクス大手タレスが35%出資する。

フィンカンティエリは5月にSTXフランスの66.6%株を7,950万ユーロで取得することで合意。しかし仏政府は、STXフランスの西部サンナゼール(Saint-Nazaire)の造船所が航空母艦など大型船舶を建造できる国内唯一の造船所として戦略的に重要な上、買収による雇用への影響が懸念されると判断。伊政府およびフィンカンティエリとの交渉時間を稼ぐため、国有化に踏み切っていた。[労務][M&A]


関連国・地域: フランスイタリアアジア
関連業種: その他製造金融運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏上院、風力発電計画の拒否権巡る法案可決(06/23)

アクサ、マレーシア事業を伊ゼネラリに売却(06/23)

フランスなどでナイトクラブ再開の動き進む(06/23)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

仏石油トタル、ステランティスと提携延長(06/23)

仏地方選、与党が惨敗 全地域圏で振るわず=第1回投票(06/22)

自動車ダチア、新たなロゴ公表=ブランド刷新(06/22)

エア・リキード、シベリア新工場が稼働(06/22)

エア・リキード、空港の水素インフラ整備へ(06/22)

ビベンディ、UMGの株式10%売却で合意(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン