• 印刷する

ポーランドの新ハブ空港、スタニスワブフに建設

ポーランドの新たなハブ(運航拠点)空港の建設地が、南東部スタニスワブフ(Stanislawow)に決定した。政府関係者の話として、現地紙ジェチポスポリタ(Rzeczpospolita)などが伝えた。

新空港の建設計画を巡っては、政府の経済審議会が今年3月に青信号を出していた。報道によると、総工費は最大300億ズロチ(83億9,400万ドル)。スタニスワブフは首都ワルシャワから西に約40キロメートルほどの位置にある。高速道路A2号線や、ワルシャワ―ポズナニ(Poznan)間を結ぶ鉄道の沿線にも近く、ワルシャワまで高速列車で15分、車やバスなら20~40分ほどの距離にある。

新空港は2028年以降に開港する予定。年間利用者数は5,000万人に上る見込みで、中東欧最大の空港となる見通しだ。

現在の最大空港であるショパン国際空港の昨年の利用者数は1,280万人。2020年には収容能力が限界に達するとみられているが、立地条件から拡張が不可能とされており、新たなハブ空港の建設が必要とされていた。


関連国・地域: ポーランド欧州
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ポーランドGDP、第3四半期は5.7%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

ポーランド政府、独立100周年の行進を主催(11/13)

金融イデア・バンク、CEOが辞任(11/12)

中銀、政策金利を1.5%に据え置き(11/12)

製薬リヒター、1~9月期は6.8%増益(11/09)

ポーランドの失業率、10月は横ばいの5.7%(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン