• 印刷する

ポーランドの新ハブ空港、スタニスワブフに建設

ポーランドの新たなハブ(運航拠点)空港の建設地が、南東部スタニスワブフ(Stanislawow)に決定した。政府関係者の話として、現地紙ジェチポスポリタ(Rzeczpospolita)などが伝えた。

新空港の建設計画を巡っては、政府の経済審議会が今年3月に青信号を出していた。報道によると、総工費は最大300億ズロチ(83億9,400万ドル)。スタニスワブフは首都ワルシャワから西に約40キロメートルほどの位置にある。高速道路A2号線や、ワルシャワ―ポズナニ(Poznan)間を結ぶ鉄道の沿線にも近く、ワルシャワまで高速列車で15分、車やバスなら20~40分ほどの距離にある。

新空港は2028年以降に開港する予定。年間利用者数は5,000万人に上る見込みで、中東欧最大の空港となる見通しだ。

現在の最大空港であるショパン国際空港の昨年の利用者数は1,280万人。2020年には収容能力が限界に達するとみられているが、立地条件から拡張が不可能とされており、新たなハブ空港の建設が必要とされていた。


関連国・地域: ポーランド欧州
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド小売売上高、4月は11.9%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

中欧4カ国、担当相らが高速鉄道の建設支援(05/23)

保険ゼネラリ、米同業の中欧資産取得で協議(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ポーランド鉱工業生産、4月は9.2%増加(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

ポーランド平均賃金、4月は7.1%上昇(05/22)

【欧州企業よもやま話】第280回:CCC アスリート魂で築いた靴王国(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン