パリ市、最高速度を時速30キロに制限へ

パリ市は、車の最高速度を時速30キロメートルに制限する区域「ゾーン30」の創設を検討しているもようだ。対象地域は市内全域で、交通安全性を向上し、汚染物質の排出や騒音を削減する狙い。仏紙ル・フィガロが17日伝えた。

同計画を巡っては、9月中にもパリ議会で採決が行われる見通し。可決されれば、今年から来年にかけて5区と6区、8区、10区、14区、15区、17区、18区に導入される。2020年までには、市内全域に段階的に拡大していく計画だ。一部の幹線道路は適用外で、制限速度は現在の時速50キロに維持されるという。

「ゾーン30」には自転車専用レーンが併設されるほか、制限速度を表示する標識も新たに設置される見込み。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

自動車部品フォルシア、上半期は10.2%増益(07/23)

ロシアの乗用車生産、6月は15.1%増加(07/23)

防衛タレス、上半期は30%増益(07/23)

エルメス、第2四半期は7.2%増収(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

エアバス、航空部品PFWの売却を再検討(07/23)

ヤマトとJAL、パリにアンテナショップ(07/23)

ソジェン、ベトナムの熱電事業に関心(07/23)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン