パリ市、最高速度を時速30キロに制限へ

パリ市は、車の最高速度を時速30キロメートルに制限する区域「ゾーン30」の創設を検討しているもようだ。対象地域は市内全域で、交通安全性を向上し、汚染物質の排出や騒音を削減する狙い。仏紙ル・フィガロが17日伝えた。

同計画を巡っては、9月中にもパリ議会で採決が行われる見通し。可決されれば、今年から来年にかけて5区と6区、8区、10区、14区、15区、17区、18区に導入される。2020年までには、市内全域に段階的に拡大していく計画だ。一部の幹線道路は適用外で、制限速度は現在の時速50キロに維持されるという。

「ゾーン30」には自転車専用レーンが併設されるほか、制限速度を表示する標識も新たに設置される見込み。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

IBM、仏で1800人雇用へ=AIなど強化(05/24)

5月は過去1年半で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(05/24)

失業率、第1四半期は8.9%に悪化(05/24)

仏国鉄の改革案、従業員の95%が反対(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

太平洋工業、センサータのバルブ事業を買収(05/24)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン