• 印刷する

仏トゥールーズで男が歩行者を襲撃、7人負傷

フランス南西部トゥールーズの中心部で13日、男(42)が歩行者を襲撃し、警察官3人を含む7人が負傷した。男は犯行後すぐに逮捕されている。AP通信などが伝えた。

男は突然、歩行者や買い物客らに向かって走り出し、その場にいた4人に殴る蹴るなどの暴行を加えた。男は襲撃の際に、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたが、当局はテロとの関連性は低いとみている。

襲撃された歩行者のうち2人が病院に運ばれたが、いずれも軽傷で、重傷者はいない。現地当局によると、男には逮捕歴などはないが、4月に精神病院から退院したばかりで、精神的な問題を抱えていたという。


関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パリ市長、中心部の完全歩行者天国化を検討(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

スペイン、ガソリン・ディーゼル車禁止へ(11/15)

ルノー・日産・三菱、米エネベートに出資(11/15)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

スポティファイ、中東など13カ国に進出(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン