• 印刷する

仏トゥールーズで男が歩行者を襲撃、7人負傷

フランス南西部トゥールーズの中心部で13日、男(42)が歩行者を襲撃し、警察官3人を含む7人が負傷した。男は犯行後すぐに逮捕されている。AP通信などが伝えた。

男は突然、歩行者や買い物客らに向かって走り出し、その場にいた4人に殴る蹴るなどの暴行を加えた。男は襲撃の際に、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたが、当局はテロとの関連性は低いとみている。

襲撃された歩行者のうち2人が病院に運ばれたが、いずれも軽傷で、重傷者はいない。現地当局によると、男には逮捕歴などはないが、4月に精神病院から退院したばかりで、精神的な問題を抱えていたという。


関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

フランス電力労組、原発事業の分社化に抗議(12/01)

アクサ、湾岸事業をクウェート同業に売却(12/01)

仏、警官の撮影規制する法案に抗議デモ(12/01)

英仏、海峡の警備強化で合意=移民問題(12/01)

欧州委、アルティスによる仏同業の買収承認(12/01)

クリスマスのスキー旅行、各国で方針割れる(11/30)

オートリブ、ルーマニアなどに生産移管へ(11/27)

ルノー、フラン工場をリサイクル拠点に(11/27)

仏国務院、モスク閉鎖命令の撤回要求を棄却(11/27)

仏消費者信頼感、11月は悪化(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン