• 印刷する

ナポリ近郊の噴火口で転落事故、親子3人が死亡

イタリア南部ナポリ近郊で12日午前11時ごろ(現地時間)、浅い噴火口に転落した11歳の男児とその両親のイタリア人夫婦が死亡した。現地当局は、火山ガスを吸引したことが死因とみている。BBC電子版などが伝えた。

それによると、事故現場はナポリ西部のフレグレイ平野にある人気観光地のソルファタラ(Solfatara)火口。家族は4人でベネチア近郊から観光に訪れていた。死亡した男児は立ち入り禁止区域に入り、火山ガスによって意識を失った後に、噴火口に転落したとみられている。両親は男児を噴火口から助け出そうとしたところ、噴火口の一部が崩れ、深さ3メートルまで転落したという。

なお、生き残った7歳の弟は助けを求めて火口の入り口にある飲食店に駆け込み、ショック状態だったところを店員に保護された。祖父母との再会前には社会福祉士や臨床心理士のケアを受けた。

ソルファタラ火口が最後に噴火したのは1198年で、浅い噴火口と硫黄ガスの噴煙が立ち込めていることで知られている。現在火口は民間企業によって管理されおり、年間を通して観光客向けに開放されている。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 食品・飲料観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2026年冬季五輪、伊2都市で開催決定(06/26)

エネコ巡る入札、仏トタルと伊エネルが断念(06/26)

伊政府、経済刺激策巡り下院で信任獲得(06/25)

レオナルド、マレーシア市場で商機狙う(06/25)

凸版印刷、建装材印刷インタープリント買収(06/25)

訪問サービスのヘルプリング、星社と提携(06/25)

テレコムイタリア、通信網統合巡り協議開始(06/24)

ルクオイル、アフリカでのLNG事業を検討(06/24)

ピアジオ、印で電動三輪車を年内に発売(06/24)

自動車PSA、モロッコ北部の新工場が稼働(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン