• 印刷する

ドイツ人の6割、自国の現状に満足

ドイツ人の6割は自国の現状に満足――。独ベルテルスマン基金の最新調査で明らかになった。ドイツ通信が6日伝えた。

調査は欧州連合(EU)の1万755人を対象に、7月に実施された。ドイツ人は他のEU加盟国の市民よりも楽観的で、59%が満足と回答。EU全体で見ると、自国の現状に満足している市民の割合は平均36%にすぎず、フランスとポーランドもやはり36%にとどまっている。最悪のイタリアはわずか13%だった。

ドイツ国民の個人的な経済事情に対する満足度も、他の国々より飛び抜けて高い。2年前と比べ懐具合が「変わらない」と答えた人は全体の43%に上り、「改善した」は34%。「悪化した」はわずか23%と、EU平均の34%を大きく下回った。

一方、2015年の調査によると、ドイツ人はEUの将来に関しては他の加盟国市民より厳しい認識を示している。悲観的な国民の割合は74%とEU平均の66%よりはるかに高く、ドイツ人以上に悲観的なのはイタリア人(83%)だけだった。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、国内で2900人整理へ(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

ソロス氏の人権財団、ハンガリーを提訴(09/26)

投資会社プライムパルス、年内に上場へ(09/26)

独連立与党、情報機関トップの処遇で合意(09/26)

仏政府、難民救助船の受け入れ拒否(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン