• 印刷する

ドイツ人の6割、自国の現状に満足

ドイツ人の6割は自国の現状に満足――。独ベルテルスマン基金の最新調査で明らかになった。ドイツ通信が6日伝えた。

調査は欧州連合(EU)の1万755人を対象に、7月に実施された。ドイツ人は他のEU加盟国の市民よりも楽観的で、59%が満足と回答。EU全体で見ると、自国の現状に満足している市民の割合は平均36%にすぎず、フランスとポーランドもやはり36%にとどまっている。最悪のイタリアはわずか13%だった。

ドイツ国民の個人的な経済事情に対する満足度も、他の国々より飛び抜けて高い。2年前と比べ懐具合が「変わらない」と答えた人は全体の43%に上り、「改善した」は34%。「悪化した」はわずか23%と、EU平均の34%を大きく下回った。

一方、2015年の調査によると、ドイツ人はEUの将来に関しては他の加盟国市民より厳しい認識を示している。悲観的な国民の割合は74%とEU平均の66%よりはるかに高く、ドイツ人以上に悲観的なのはイタリア人(83%)だけだった。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独GDP、8.5%拡大 改定値で上方修正=第3四半期(11/25)

Ifo企業景況感、11月は悪化(11/25)

ドイツ州政府、封鎖措置の延長などで合意(11/25)

ドイツ取引所、DAX構成銘柄を40社に拡大(11/25)

ベルリン市、家賃凍結法の第2段階が施行(11/25)

英オクトパス・エナジー、ドイツに本格進出(11/25)

国民の8割、米新政権による関係修復に期待(11/25)

独政府、封鎖措置の延長検討 週内の協議で最終方針決定(11/24)

ドイツ、12月にもワクチン接種を開始(11/24)

シーメンスとドイツ鉄道、水素列車を開発へ(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン