仏高級ブランド、激やせモデルの起用を中止へ

仏高級ブランドグループのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンとケリング(Kering、旧PPR)は6日、やせ過ぎのモデルの起用中止を含む、モデルの労働条件や健康状態の改善に向けた憲章を発表した。「ルイヴィトン」や「クリスチャン・ディオール」、「グッチ」、「イヴ・サンローラン」など、傘下の全ブランドで適用する。

両グループは、フランスの婦人服サイズで32(日本ではXS未満)、紳士服サイズで42(日本ではXS~S)のモデルの採用を見合わせる。また、大人用の服のモデルとして16歳未満を起用することも禁止する。

BBC電子版によると、今回の動きの背景には、激やせモデルが摂食障害の引き金になるとの批判がある。ブランドの衣服はやせて背の高いモデルにより似合うとされるが、これにより、一部の消費者の間で、非健康的で非現実的な体型が理想化されていると指摘されている。摂食障害者を支援するチャリティー団体ビート(Beat)は「より健全な体型が理想的だとする見方を促進する必要がある」と話している。

なお、同憲章にはこのほか、◇写真撮影やファッションショーの日付から6カ月未満に取得した健康診断書の提出を義務付けること、◇勤務時間内は心理療法士を待機させること、◇16~18歳のモデルには保護者を同伴させ、深夜勤務を禁止すること、◇モデルの苦情を受け付ける窓口を作ること――などが含まれている。ケリングのピノー会長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の取り組みが業界全体に浸透し、ファッションモデルの労務環境が大きく変わることを願う」と話している。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: アパレル・繊維商業・サービスマスコミ・出版・広告社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン