• 印刷する

マクロン仏大統領の支持率、30%に低下

マクロン仏大統領の支持率が30%と、5月の就任以来で最低水準となっている――。米オンライン紙ハフィントンポストとシーニュースが英インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)に委託した最新調査で明らかになった。

調査は8月28~29日に、18歳以上の1,003人を対象に実施。それによると、マクロン氏に否定的な見解を示したのは54%に達し、前月から5ポイント増えた。マクロン氏の支持率は6月下旬の43%から8月に36%まで下がり、下降の一途をたどっている。フィリップ首相の支持率も32%と、前月を5ポイント下回った。現政権の支持率は29%で、こちらも4ポイント低下している。

支持率低下の背景には、失業率の改善を目指した労働法改革など国内政策への取り組みが本格化した一方で、労組や国民の反発を招いたほか、メディアと距離を置くコミュニケーション戦略が傲慢(ごうまん)な印象を与えたことが響いた。マクロン大統領は、今後はインタビューの頻度を増やし、改革の必要性を訴えていくとしている。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

夜間外出禁止令、違反件数が3千件超に(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

アルストム、イラク政府と鉄道開発で契約(10/22)

仏政府、ブリヂストンに工場維持案を提示(10/21)

エアバスとイスラエル社、監視サービス受注(10/21)

日本無線、プライベートLTEシステム受注(10/21)

ナブヤ、仏中部で無人自動運転シャトル導入(10/21)

ダノン、経営体制とポートフォリオを見直し(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

パリで歴史教師の首切断される=テロ行為か(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン